iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

知っておくと便利なiPhone 3Gの7つの小技

iPhone 3Gユーザーなら誰にでも役立ちそうな便利な7つの小技を紹介する。

小技その1. iPhoneで顔文字の入力

ローマ字日本語入力に切り替え”かおもz”(kaomoz)と入力すると、予測変換に顔文字が約100ほど出現する。

小技その2. iPhoneで辞書登録をする

現時点ではiPhoneの漢字変換辞書に単語を登録する機能はない。しかし、連絡先に登録された名前と読みは自動的に変換辞書に組み込まれるので、これを裏技的に利用する。例えばiPhoneで「笑点(しょうてん)」は一発変換出来ないが、連絡先に登録すれば予測変換に出現する。変換などのグループを作って登録すると便利だろう。

小技その3. iPhoneで.co.jpや.jpを一発入力

URL入力時にキーボードには.comボタンしかないので、.co.jpや.jpは手打ちで入力している人も多いんじゃなかろうか? でも.comを長押しすると.net, .co.jp, .jpを一発入力できる。

小技その4. iPhoneでスクリーンショット

ホームボタンを押したままスリープボタンを1回押せばスクリーンショットを撮る事が出来る。スクリーンショットの画像は写真->カメラロールに保存される。

小技その5. フルキーボード時の日本語入力のもっさり解消

設定->一般->各国のキーボードで日本語以外をオフにし、日本語のテンキー入力をオフにする。あと設定->サウンドでキーボードのクリックをオフにするとフルキーボード時の日本語入力のもっさりが解消される。使っていて遅くなってきたら再起動

小技その6. au携帯に文字化けせずにメールを送る

auのメールの文字コードは、JISコード(ISO-2022-JP)にしか対応していない。iPhoneで新規メールを書けばISO-2022-JPで作成されるので問題は無いのだが、auから来たメールに返信するとUTF-8で送ってしまうようなので、返信する時も新規メールで作成する。またISO-2022-JPに無い文字(機種依存文字)を使うと自動的にUTF-8でメールが作成されるので、機種依存文字を使わないようにする。

小技その7. 調子が悪くなったらとにかく再起動

動作がもっさりしたり、調子が悪くなったら、とにかく再起動。電源のオン/オフはスリープボタンを長押し、再起動はホームボタンとスリープボタンを同時に長押し。

この7つの小技はiPhone2.0にアップグレードしたiPod touchでも有効だと思うが、私はiPod touchを所有していないので未確認である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google