iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

iPhoneをワイヤレスドライブとして使えるアプリDataCase

iPhoneをWi-Fil経由でワイヤレスドライブとして使え、ファイルビューワ機能も備えたiPhoneアプリDataCaseを購入して使ってみたので、紹介する。

DataCaseはApp Storeから600円で購入できる。類似アプリとしては、FileMagnet、Files等があるが、DataCaseの特徴はFTP経由でファイルの転送を行うため、PC/Mac側に特別なソフトは必要なく、FTP機能さえあれば、OSも選ばない汎用性である。(FileMagnetは専用アップローダーソフト、FilesはWebDAV) FileMagnetについては、こちらの記事を参照。

DataCaseとファイルの転送を行うには、Macならファインダ、Windowsならエクスプローラを使うのが一番手っ取り早い。もちろん、FTPクライアントソフトを使っても可能である。

Macの場合

まずはiPhone側のDataCaseを起動する。次にMacのファインダの移動>サーバーへ接続を開き、ブラウズボタンをクリックする。

するとネットワークが表示され、その中にiPhoneを示すアイコンが表示される。そのiPhoneを開くと、Drop BoxとShared Filesのフォルダがあるので、Shared Filesを開く。

ここで、iPhone側で接続してもいいか聞いてくるので、Allowをタップする。

これで接続完了である。あとはShared FilesフォルダにiPhoneへ転送したいファイルをドラッグ&ドロップすればよい。転送したファイルをiPhone側で見る場合は、DataCaseの初期画面の円の中央にあるフォルダをタップすると、Shared Filesフォルダが表示されるので、そこで転送したファイルを閲覧する事が出来る。

Windowsの場合

まずはiPhone側のDataCaseを立ち上げる。次にエクスプローラを立ち上げ、アドレス欄にDataCaseの初期画面下部に表示されたftpアドレスを入力しエンターする。

するとエクスプローラに、Drop BoxとShared Filesが表示される。ここから先はMacの場合と、同じ手順でOK。

表示に対応したファイルタイプは、MS Office/PDF/Text/Images/Html/Audio/Videoである。

DataCaseの最大の利点は、FTPという汎用性の高いプロトコルを採用しているため、OSを問わず簡単に利用可能なところだろう。また、多くのファイルタイプを表示出来るので、出先でファイルを閲覧するのに大変便利だと思う。データの一時的なバックアップにも十分使える。

冒頭でも書いたけど、類似ソフトにFileMagnet、Files等があるが、汎用性の面で、このDataCaseが一番オススメできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google