iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

OpenClip.orgがiPhoneアプリ間のコピー&ペーストを提案

MacRumors.comの記事によると、オープンソースコミュニティOpenClip.orgがiPhoneアプリ間でのコピー&ペーストフレームワークを提案している。

現状では、MagicPad等のアプリケーションが、アプリ内でのコピー&ペーストを実現している。しかし、システムワイドなコピー&ペーストを実現するインターフェースは、Appleにおける優先順位が低く設定さていて、まだ実装されていない。

OpenClip.orgが提案するコピー&ペーストの仕組みは、AppleのSDKのルールに沿ったものになっている。iPhoneのアプリケーションは、他のアプリケーションのファイルを読み事が許されているが、書き込みは出来ない。おのおののアプリケーションがクリップボードを標準的な場所に作成する事により、アプリケーションは単にデータを保存するだけで”コピー”を実現し、そして保存されたデータを他のアプリケーションから読み込む事により”ペースト”を実現する。

OpenClipを実装予定のアプリケーション。Coming soonは近いうちに実装され、Pledged Supportは実装を表明しているもの。

開発バージョンのTwittelator, WordPress , MagicPadによるOpenClipのデモビデオが公開されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google