iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

MacからiPhoneへファイルを簡単に転送し表示できるFileMagnet

MacからiPhoneへ簡単にファイルを転送でき、しかも多くのファイルタイプの再生に対応したiPhone App「FileMagnet」を紹介する。

FileMagnetは、App Storeで600円でダウンロードできる。

まずFileMagnetを使う前にMacにファイルをアップロードするためのアプリケーションFileMagnet Uploader(対応OSはMacOS X 10.4 Tiger or 10.5 Leopard)をインストールする必要がある。FileMagnet UploaderはFileMagnet for the iPhone and iPod Touchから無料でダウンロードできる。

ダウンロードが終わったらアプリケーションフォルダに移し、FileMagnet Uploaderを起動する。このFileMagnet UploaderへiPhoneへ転送したいファイル(フォルダも可)をドラッグ&ドロップする。

これでiPhon側のFileMagnetにファイルが転送される。転送されたファイルはリストされ、タップする事で表示できる。表示可能なファイルタイプは PDF, Office (Word, Excel, PowerPoint), iWork (Pages, Keynote, Numbers), JPEG, GIF, TIF, PNG, HTML, RTF, TXT, Safari WebArchives, iPhone compatible movies and audio files。

またiPhoneからMacへファイルを転送する事も可能である。iPhone側のFileMagnetにあるファイルは、Mac側のFileMagnet UploaderのFiles on connected iPhoneの欄に表示されるので、Macへ転送したいファイルのダウンロードボタン(下矢印)をクリックすれば転送される。

ただし現時点では、Macに転送できるのは、iPhoneのFileMagnet内のファイルのみであり、カメラロールにある画像ファイルなどを転送できないのは残念なところ。

ファイルの転送は、Macと同一Lan上にWi-Fiで接続されたiPhoneでのみ可能であり、3GネットワークやHotSpotなどを経由して行う事ができない。

現時点ではWindowsには対応してないが、作者のHPにはresearching the development of a Windows version of the Uploaderとあるので、そのうち対応するかもしれない。

ファイルをiPhoneへ簡単に転送でき、多くのファイルタイプを表示できるので、出先で閲覧したい資料が多い場合など大変便利だろう。また表示に対応してないファイルも転送できるので、iPhoneにバックアップをとるという使い方もありかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google