iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

【レビュー】外部バッテリPowerBank slimでiPhone 3Gを充電する

iPhone 3Gのバッテリ切れ対策にダイヤテックの携帯外部バッテリPowerBank slimを購入したので、使用感などをお届けする。

まず私がiPhone 3G用の外部バッテリとして、このPowerBank slimを選んだ理由は、モバイル機器用の外部バッテリの定番品で安心感がある事、iPhone 3G対応を正式に謳っている事の2点である。モバイル機器用の外部バッテリとしては、サンヨーのeneloopが有名であり、eneloopも当初は検討してたが、eneloopとiPhone 3Gはあまり相性が良く無いという報告があったため選択肢から外した。また、iPhone 3Gのドックコネクタに直接接続できるiPhone専用タイプの外部バッテリも登場しているが、他のモバイル機器でも使える汎用性を重視して、iPhone専用タイプも選択肢から外した。

パッケージはこんな感じ。内容物はPowerBank slim本体、ACアダプタ&ケーブル、説明書である。

大きさは上のiPhone 3Gと並んだ写真で見てもらえばわかる通り、iPhone 3Gより一回り小さいくらいのサイズである。他のモバイル用バッテリと比べると少し大きめだが、厚さは薄い(15mm)ので、ポケットや鞄にしまう時の収納性はいいと思う。重量は見た目よりも全然軽い。

外部にはOn/Offスイッチ、OUT/5V(USB)端子、IN/5V端子、残容量を示すインジケータランプがある。また四隅の1角が貫通していてストラップを取り付けられるようになっている。

PowerBank slimを満充電し、バッテリ残量が20%を切ったiPhone 3Gに接続し充電してみた。充電時はiPhoneのスイッチは入ったままで、Wi-Fi、電話機能ともにオンの状態である。充電中のPowerBank slim本体が特に熱くなるという事も無く、充電自体は順調に完了した。

iPhone充電完了後、PowerBank slimのインジケータランプは3つ消えたいた。なので、iPhone 3G1回の充電でPowerBank slimの容量の半分以上を使ったという事になると思う(インジケータが正確なら)。容量的に2回はiPhone 3Gを満充電できると期待していたのだが。ただPowerBank slimは購入したてなので、少し充放電を繰り返して活性化すれば、もう少し容量は増えるかもしれない。この辺に関しては、今後使いながら様子を見ていこうと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google