iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

シューティングゲームアプリBlue Skiesで遊んでみた

iPhone用シューティングゲームアプリBlue Skiesが1,200円でリリースされていたので、早速購入して遊んでみました。

ゲームストーリは、エリートパイロット養成を行うBlue Skies Air Force Academyにリクルートされたヘリのパイロットとして、教官から与えられたミッションをこなしていくという感じです。最初のうちはヘリの着陸や攻撃してこない敵の殲滅など簡単な内容のミッションだけど、レベルが上がるたびに難易度が増していきます。

操作は、iPhoneを傾けてヘリの進行方向を決定します。もちろん、ヘリなのでホバーリングすることも可能です。画面左下をタップで爆弾投下(対戦車用)、画面右下をタップでミサイルを発射(対航空機用)。赤い矢印が近くの敵のいる方向を示し、緑の矢印が近くの補給基地の方向を示します。左の赤のゲージがヘルスメーター、右の緑のゲージが燃料計で、どちらかが0になると墜落します。

教官からミッションを与えられる画面。英語なのでイマイチ内容が判らない部分もあるけど、実際にプレイしてみればわかります。

パイロット選択画面。どのキャラクタでプレイするかを決定します。

レベル5のプレイ中の画面。敵は戦車と航空機で、爆弾投下とミサイルで迎撃します。

敵を倒した時に、お金などのアイテムがドロップします。お金は貯めて補給基地で新しい装備の購入資金に使えます。

補給基地に着陸するところ。基地の上空にくると赤字でLANDと表示され、この状態でヘリをタップすると着陸出来ます。

補給基地に着陸した時の画面。自動的にヘルスメーター、燃料、弾薬が補給されます。LAUNCHをタップすると離陸します。

実際に遊んでみた感想は、内容的には普通のシューティングゲームなんだけど、iPhoneを傾けてヘリを操作するのが新鮮で楽しいという感じです。iPhoneを傾けながらヘリをホバーリングさせたり敵の背後に回って撃墜したりとか、結構熱くなりますよ! あとステージはレベル30まであるようなので、上のレベルに行った時に、何が出てくるのかも楽しみなところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google