iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

iPhoneをワイアレス キーボード/マウスにするアプリ WiFi Touchpadを使ってみた

img2813348d0882ddf569.jpg

iPhoneをWindows XP/Vistaのワイアレス キーボード/マウスとして使えるアプリ WiFi TouchpadがApp Storeで350円でリリースされていたので、使ってみました。

このアプリを使うには、まずWindows XP/VistaにレシーバーアプリケーションiReceiverをmbpowertools.netからダウンロードしてインストールする必要があります。インストールが完了したらiReceiverを起動して、iPhone側でWiFi Touchpadを立ち上げます。Connect to receiverをタップすると、iPhoneをワイアレス キーボード/マウスとして使えるようになります。

IMG_0001.PNG

左の画面がタッチパッドとマウスボタン、右の画面がキーボード。もちろん、日本語も使えます。

IMG_0003.PNGIMG_0002.PNG

使ってみると、普通にワイアレス キーボード/マウスとして使えます。余計な機能がなくシンプルなので使い易いと思います。

WiFi Touchpadの類似アプリとしてAir Mouseiconが有名ですが、Air Mouseにはモーションセンサーを利用し、iPhoneを動かす事でマウスカーソルを移動する機能がありますが、WiFi Touchpadにはその機能はありません。その分WiFi Touchpadの方が、価格的に安くなっています。iPhoneを振ってマウスを動かしたい人はAir Mouse、その必要がなく値段が安い方がいい人はWiFi Touchpadという感じになるかと思います。

残念なのは、Macに対応しておらず、今後の対応も特に記述が無い点。Air MouseはMacへの対応を予定しています。

WiFi Touchpadicon – App Store(ユーティリティ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google