iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

iPhoneをレーザーポインタにするアプリWinPointerを試した

winpointer-top.jpg

iPhone/iPod touchをレーザーポインタにするアプリWinPointerがリリースされていたので、試しに使ってみました。

winpointer.jpg

まず最初にお断りしますが、WinPointerはプレゼンテーション専用ツールで、iPhone/iPod touchをマウスとして使えませんのでご注意を。PowerPoint、Acrobat Reader、OpenOffice Impressに対応しています。あと、Windows専用で、残念ながらMacには対応していません。

まずWinPointerのサイトでWinRemoteServerをダウンロードします。WinPointerは、WinRemoteと同じ会社のアプリで、サーバーアプリケーションは同一のようです。WinRemoteServerはこのまま実行可能なので、ダブルクリックして起動しておきます。

次にiPhone側でWinPointerを起動します。この時、iPhoneはWi-Fi経由でPCと同一LANに接続している必要があります。起動するとサーバーIPアドレスを聞いてくるので、WinRemoteServerをインストールしたPCのIPアドレスを入力します。(IPアドレスはコマンドプロンプトでipconfigで確認出来ます)

winpointer-1.jpg

Doneをタップすると、iPhoneにWindowsのデスクトップがほぼリアルタイムに表示されます。

winpointer-2.jpg

これでプレゼンを立ち上げあげれば準備完了です。iPhoneの画面をタップすると赤いポイントがPCの画面上に表示され、指をスライドするとポイントを動かす事が出来ます。右ボタンでプレゼンを進め、左ボタンで戻ります。

iPhone側にはポインターは表示されません。

winpointer-25.jpg

PCの画面上に、こんな感じで赤いポインターが表示されます。

winpointer-4.jpg

WinPointericon – App Store

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google