iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

AdobeとARMがFlashをARMベースモバイルに最適化

MacRomorsの記事によると、AdobeとARMがフルバージョンのAdobe Flash Player 10とAdobe AIRをARMベースのモバイル機器に最適化し利用可能にするために協力する事を発表したようです。

Adobe and ARM have jointly announced that they are collaborating to optimize and enable Adobe Flash Player 10 and Adobe AIR for ARM Powered devices.

Adobe and ARM Partner to Bring Flash to ARM-based Mobiles (Like the iPhone?)

対象となるのはiPhoneにも搭載されているARM11ファミリーのCPU。Adobeによれば動作環境は、200MHzのCPU、少なくても16Mbyteのメモリ、WebベースのFlashコンテントを描画可能なフルブラウザという事なので、iPhoneは動作環境を満たしています。

Appleのスティーブジョブズは以前に、iPhoneにFalshを採用しない理由はデスクトップ向けのフルバージョンのFlashを動作させるにはiPhoneのハードスペックでは役不足、だからといってモバイル向けFlashでは不十分だからだと言っています。このAdobeとARMのコラボレーションでiPhoneでフルバージョンのFlashが動作可能になれば、AppleもiPhoneへのFlash搭載を認めてくれる可能性は大きそうですね。

このARM向けFlashは来年後半のリリースを予定しているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google