iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

【レビュー】BUFFALO iPod用(iPhone 3G対応) FMトランスミッター BSFM02

IMG_0621.JPG

私の身内が車内でiPhone3Gを使って音楽を聞く為にバッファローコクヨサプライから発売されているiPod用(iPhone 3Gにも対応) BUFFALO FMトランスミッター BSFM02を購入したので、ちょっと拝借してレビューする事にしました。

※この製品はiPhone 3GSに対応していません。

BSFM02はドックコネクタ経由でiPodと接続するタイプのiPod専用(iPhone 3Gにも対応)FMトランスミッターで、音楽再生とともにiPodの充電もできます。メーカーの謳い文句によれば

  • 超低ノイズのトランスミッター用LSI(Thine Electronics社製 THG4649)を搭載し、ノイズ72%カットの“超”低ノイズ設計
  • クリアな周波数を自動で検出するオートスキャン機能搭載
  • エンジンに合わせてiPodをON/OFF、エンジン連動機能付き
  • 電池残量を気にせず使えるiPod充電対応

という特徴があるとの事。

パッケージ写真。箱は中身に比べたら無駄に大きいような気もしますが、、

bsfm02-2.JPGbsfm02-3.jpg

中身は本体と説明書のみ。本体はシンプルなデザインです。ちなみにGOOD DESIGN賞をもらったようです。

bsfm02-4.jpgbsfm02-5.jpg

では早速車内で聞いてみようと私の愛車プリメーラワゴン(P12)に取り付けiPhone 3Gを接続しようとしたら、ケース(SwitchEasy CapsuleNeo)にBSFM02が干渉してしまいしっかりと接続出来ない、、このケースは脱着がメンドイのでとりあえずiPod nanoで試してみる事に。

iPodに接続するとオートスキャン機能がクリアな周波数を自動検知し、その周波数をiPodの画面に表示します。ただし、iPod mini、iPod touch、iPhone 3Gは周波数表示に非対応なので、FMラジオのオートチューンで周波数を合わせる必要があります。

bsfm02-6.jpgbsfm02-7.jpg

で早速音楽を再生してみました。最初に感じたのはノイズ感をあまり感じない事。FMトランスミッターだから多少のノイズは乗るだろうと思っていたけど、通常聴く音量では気になりませんでした。メーカーの謳い文句もあながち嘘じゃないって事ですね。音質に関しては、当然FMラジオの範囲内って事になりますが、思っていた以上にいい音です。音量も十分です。AUX接続と比べれば当然音質は落ちますが、ドライビングBGMとしては普通に聴けるレベルじゃないかと思います(ちなみに試聴したのは米itunesで購入したPlusの曲)。

身内が実際にこのFMトランスミッターを使用するiPhone 3Gでも試してみました。こちらはパワーサポートのAirジャケットを装着していますが、接続する事が出来ました。接続すると「このアクセサリはiPhoneでは使用出来ません」のメッセージが出ますが、「いいえ」を選択すれば使用出来ます。充電はちゃんと出来ているようで、音質面はiPodの時とかわりません。ただ本体の幅が広く、マイクとスピーカーを塞いでしまうのでハンズフリーは無理そうです。

bsfm02-8.jpg

BSFM02は価格も安く(アマゾンで3,278円で購入)、FMトランスミッターとしては音質も良いと思うので、カーオーディオに他の接続方法が無い場合や手間をかけずに手軽にiPhone/iPodの音楽再生・充電を車内で行いたい場合は、いい選択になりそうです。

バッファローコクヨサプライ BUFFALO iPod用 FMトランスミッター オートスキャン式 低ノイズ設計 ブラック BSFM02BK – Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: , , ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google