iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

ソフトバンクはiPhone OS 3.0のMMSにどう対応する?

iPhone OS 3.0では、ユーザーが望んでいた機能が数多く追加され、文字通り”神パッチ”と言える内容になっていますが、その中の主要追加機能の一つMMS(マルチメディアメッセージングサービス)に対し、ソフトバンクがどう対応するのか現時点ではハッキリしないので、いくつかのシナリオを考えてみました。

まずMMSとは、写真や音楽、映像などを含んだメールを送受信出来る規格で、電話番号宛だけでなくEメールアドレスへの送信にも対応しています(ソフトバンクの携帯で採用)。ドコモのiモードメールやauのezメールも似たような存在ですが、規格の面で異なります。iPhone OS 3.0では、SMSアプリがMMSにも対応しSMS/MMSを一つのアプリで総受信可能になります。

最良のシナリオ : MMSにsoftbank.ne.jpのメアドを配布、i.softbank.jpは現状維持

これが、私が考える最良のシナリオ。メリットは

・とりあえずi.softbank.jpが平行して使えれば、慌ててMMSへ移行せずに済む
・i.softbank.jpを今まで通りIMAPメールとして利用出来る
・ソフトバンク他機種からiPhoneへ機種変する場合、softbank.ne.jpのメアドが引き継げる

デメリットは

・ソフトバンク側では、iPhoneユーザーに対し異なるシステムの2つのメアドを継続して提供する必要がある

次善のシナリオ① : i.softbank.jpをMMSへ移行

iPhone OS 3.0では、i.softbank.jpメール着信時に着信音とバイブをつけたようなので、このシナリオは可能性が低いと思いますが一応。この場合のメリットは

・今まで使っていたi.softbank.jpをそのままMMSメールとして使えるので、友人知人にメールアドレス変更のお知らせをせずに済む

デメリットは

・IMAPメールとしては使えなくなる(と思う)
・ソフトバンク他機種からiPhoneへ機種変する場合、softbank.ne.jpのメアドが引き継げない
・告知とサポートをしっかりしないと「メール届かねぇーーー!」という人も出そう

次善のシナリオ② : MMSにsoftbank.ne.jpのメアドを割当、i.softbank.jpは新規提供中止・一定期間後廃止

・ソフトバンク他機種からiPhoneへ機種変する場合、softbank.ne.jpのメアドが引き継げる
・ソフトバンク側ではシステム面・サポート面での負担が軽減

デメリットは

・携帯宛に送れるIMAPメール i.softank.jpが使えなくなるのは、不便に思う人も多い
・一定期間内にsoftbank.ne.jpへ移行する必要がある

えっ?なシナリオ : MMSに新規ドメイン(例えば、mms.i.softbank.jp)のメアドを割り当て

えっ? i.softbank.jpだけでお腹いっぱいです、、

最悪なシナリオ : MMSにメアドが割り当てられず電話番号でのみ送受信可能、i.softbank.jpは現状維持

さすがにこれは、ソフトバンクが手抜きと言われてもしょうがない、、ただし、可能性としては十分あり得そうなシナリオです。メリットは

・ソフトバンク側の対応が楽(だと思う)

デメリットは

・MMSで送受信出来るのはソフトバンク携帯のみ

以上、私が勝手に考えたシナリオを紹介した訳ですが、みなさんはどう思いますか? 3.0でi.softbank.jp着信時に着信音とバイブが鳴ればMMSなんて必要ないんじゃと言う人もいるかもしれませんが、MMSならソフトバンク携帯間とのメールパケット代が無料になる(と思う)とかSMS/MMSアプリで携帯メールを一括して管理出来る等メリットはいろいろあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google