iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

読み取り性能に優れたQR/バーコードリーダーアプリ『QuickMark』

quickmark-1quickmark-2

読み取り性能に優れ、便利な使い方も可能なiPhone向けQR/バーコードリーダーアプリ『QuickMark』のレビューをお届けします。

※このQuickMarkはiPhone 3Gでは問題が発生する場合があるので、3GSでの利用をオススメします。

このQuickMarkは、通常の携帯に付いているQRコードリーダーと同様の使い勝手で、カメラをQRコードに近づけると自動的にQRコードを認識、情報を表示します。QRコードを写真に撮る必要が無く(一応、写真に撮って認識する機能も付いてますが)、素早く認識します。この認識性能は十分満足できると思います。

quickmark-3quickmark-4

読み取った情報に応じて、URLならSafariで表示、メールアドレスならメールを作成、電話番号なら電話を掛ける、位置情報ならマップで表示といったアクションが可能です。また読み取った情報をメールで送信したり、Googleで検索できます。

携帯向けのQRコードを作って読み取ってみましたが、ちゃんと認識します。読み取った情報はiPhoneの連絡先に登録可能です。

quickmark-5quickmark-6

連絡先またはテキスト入力によりQRコードを作成可能。作成したQRコードを保存する機能がないので、必要ならスクリーンショットで保存するしかありません。

quickmark-7quickmark-8

読み取ったコードは30件まで保存されます。ただし、30件を超えると自動的に削除されずにメッセージが表示されるので履歴が必要でなければ、設定画面で履歴をオフにした方がいいと思います。

quickmark-9quickmark-10

設定画面では履歴のオン/オフ、バーコードの設定、URLや電話番号を読み込んだ際にすぐにアクションを起こすかどうかの設定ができます。EAN 8/13が日本の書籍や商品についているJANコードです。

quickmark-11quickmark-12

一次元バーコードを読み込ませると、このようにコードが表示されますが、このままだとあまり役に立ちません。設定画面に転送サイトの設定というのがあり、これは一次元バーコードを読み込ませた際に、読み込ませた情報を設定したURLへ転送する機能で、この機能を利用すると、とても便利に使えるようになります。

quickmark-13quickmark-14

たとえば書籍や商品から読み込んだバーコードを読書の記録・管理・共有ができるWebサービスメディアマーカーに登録したり(こちらを参考)、アマゾンのレビュー一気に読みウェブサービスRevilist で検索(こちらを参考)したり、JANgleを使ってアマゾンや価格コムなどで検索(こちらを参考)ができます。

QuickMark – QR Code Readericon – App Store

quickmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: , , ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google