iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

iPhoneで動画編集ができるアプリ『ReelDirector』

ReelDirector-1ReelDirector-2

『ReelDirector』は、タイトル・クレジットの挿入、トランジション(切り換え効果)、動画の結合/カットが可能な、かなり使える動画編集アプリです。ReelDirectorで、動画を編集するには、まずは新規プロジェクトを作成します。プロジェクト画面では、オープニングタイトル・クレジット、エンディングクレジット、トランジション(切り換え効果)、動画のクオリティを設定します。

ReelDirector-3ReelDirector-4

オープニングとエンディングのクレジットを入れて、クレジットの表示位置とスタイルを選択します。クレジットが必要なければオフにします。

ReelDirector-5ReelDirector-6

トランジション(シーンの切り換え効果)とクオリティ(完成時の動画サイズ)を選択。

ReelDirector-7ReelDirector-8

プロジェクトの設定が完了したら動画編集画面へ。Addボタンをタップし編集に使いたい動画または写真を入れ、結合したい順番に並べます。Record Soundでは、iPhoneのマイクから音声を挿入することが出来ます。はさみアイコンで動画のトリムおよび分割、上部のスライダー又は下部のドラム(微調整)で必要な部分を残し、入らない部分を削除またはシーンを区切ったりします。

ReelDirector-9ReelDirector-10

挿入した写真をタップすると、表示時間やピンチ操作でパン&ズームの設定できます。サウンドアイコンでは音量の調整およびフェードイン/フェードアウトの設定。

ReelDirector-15ReelDirector-16

編集が終わったら、Renderボタンでレンダリング処理をすると動画が完成です。Saveボタンをタップするとカメラロールに保存できます。プロジェクトは保存されているので、いつでも編集が可能です。

ReelDirector-11ReelDirector-14

できあがった動画は、カメラロールからメールで送ったりYouTubeへ投稿出来ます。で、出来た動画をアップしました。しょうもない動画ですがサンプルということで。現状、iPhone 3GSで撮影した動画を編集をするならReelDirector以外に選択肢はありません。

ReelDirectoricon – App Store

(通常1000円期間限定セール中)

reeldirector.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google