iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

Macと同期可能なクリップボードマネージャーアプリ『Pastebot』

Pastebot-1Pastebot-2

『Pastebot』は、iPhoneの他のアプリでコピーしたテキストや画像を保存し、他のアプリにペーストしたり、Wi-Fi経由でMacのクリップボードと同期可能なアプリで、スクラップブックとしても便利に使えます。

他のアプリからテキストや画像をコピーし、Pastebotを立ち上げるとコピーした内容が自動的にPastebotのクリップボードに保存されます。クリップボートに保存された内容は、タップすればコピーされ、他のアプリに貼り付けることができます。

pastebot-3pastebot-4

Pastebotのクリップボードには最大99個までクリッピング可能で、フォルダへ移すことで制限なく保存できます。またコピーした内容だけでなく、新規のテキストクリップを作成したりカメラロールから読み込むことも可能です。

pastebot-11pastebot-12

テキストの場合は、タイトルを付けたり編集することが可能。

pastebot-5pastebot-6

フィルタ機能で、HTMLタグを付けたり、大文字小文字変換、検索・置換などもできます。

pastebot-7pastebot-8

画像の場合は、回転と切り抜きが可能。もちろん、カメラロールに保存したりメールで送る事もできます。

pastebot-9pastebot-10

Pastebotのサイトより、PASTEBOT SYNCをダウンロードしMacへインストールすれば、PastebotのクリップをWi-Fi経由でMacのクリップボートと同期できます。PASTEBOT SYNCは、システム環境設定へインストールされます。

最初の接続時にPastebotに表示されたパスコートをMacのPASTEBOT SYNCへ入力し認証します。次回以降はこの作業は不要です。

pastebot-13pastebot-14

PASTEBOT SYNC

Pastebotのクリップを少し長押しするとMacのクリップボードへコピーされ、Macのアプリでペーストして利用することができます。また、Pastebotが立ち上がった状態で、Macでコピーをするとコピーした内容が、自動的にPastebotのクリップボードに保存されます。

ネット等で気になった文章や画像をコピーしPastebotへ保存していけば、そのままスクラップブックとして手軽に使えるし、Macのクリップボードと同期できるので、PastebotのクリップをそのままMacでのドキュメント作成等にも利用する事ができます。逆にMacで長い文章を書いてPastebotへ送ればMacをキーボード代わりに使えます。

UIのデザインや使い安さについては、WeightboticonConvertboticonを世に送り出したTapbotsのアプリだけあって、とても良くできていると思います。

追記: PastebotがVer1.1にアップデート、さらに便利に

Pasteboticon – App Store

pastebot.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: , , ,

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google