iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

ソフトバンクBB、iPhoneのデータを遠隔操作で消去できる「リモートワイプサービス」を、月額315円で提供開始

ソフトバンクBB株式会社が、iPhone 3GS/3Gのデータを遠隔地から消去できる「リモートワイプサービス」を、本日より月額315円にて提供開始しています。

ソフトバンクBB株式会社は、iPhone™ 3GS/3G(以下 iPhone)のデータを遠隔地から消去できる「リモートワイプサービス」を、2010年3月1日(月)より月額315円にて提供を開始いたします。

「リモートワイプサービス」は、iPhoneの紛失や盗難時における企業のセキュリティ対策として、法人向けSaaS/ASPサービス「TEKI-PAKI」にて提供いたします。本サービスは、管理者またはユーザーから遠隔操作にてiPhone本体に保存されたデータを初期化状態とする利便性の高いサービスです。管理者はユーザー情報が登録された各利用機器のデータ消去をコントロールできるほか、電話機能の利用自体を停止(停波)することも可能です。また、ユーザーは専用電話サービスの音声ガイダンスに従い、自身の利用機器の遠隔操作によるデータ消去が可能です。

AppleのMobileMeでもリモートワイプサービスが提供されていますが、ソフトバンクBBのこのサービスは、セキュリティ対策のためにリモートワイプだけ低価格で欲しいというビジネスユーザーが主なターゲットのようです。

Softbankプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google