iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

Evernoteユーザー必携の電子書籍『EVERNOTEハンドブック』

evernote-top.jpg

iPhone版を含むクライアントソフトの日本語版の提供が開始、日本法人の設立も発表され今後、日本でもより普及していくと見られる情報整理ツールEvernote(エバーノート)の入門から活用までわかりやすく書かれた電子書籍『EVERNOTEハンドブック』を購入、読んでみたので紹介します。

著者について

この『EVERNOTEハンドブック』の著者は、ブログなどでEvernoteの素晴らしさや活用法を日本で紹介してきた3名。

evernotehandbookauthor.jpg

それから冒頭で、Evernote CEO Phil Libin 氏が、日本のユーザーへEvernoteの紹介をしています。

どんな内容?

Evernoteで何が出来るか、アカウントの作成、クライアントのインストール、基本的な利用法といった入門編とも言えるChapter1に始まり、高度な活用法のChapter2、GoogleリーダーやTwitter、Spotlightとの連携や高度な検索など一歩進んだ使い方を紹介するChapter3、著者のユースケースを紹介するChapter4から成り立っています。

ユースケースとしては、「会うたびに追加されてゆく 人脈データベースを作る」「ワインの知識を体系化して 自分の知らない自分に会う」「囲碁・将棋・チェスの 上達に Evernote を使う」など15の面白い活用法が紹介されています。

図やスクリーンショットととも簡潔にわかりやすく書かれていて、ページ数は約100ページ程度なので、ちょっとした時間の合間を利用して読み終えることができるのではないでしょうか。

evernotesmp.jpg

対象となる読者は?

これからEvernoteをはじめたい人から、もっとEvernoteを活用したい人まで、Evernoteユーザーの全てに役立つ内容だと思います。

Evernoteとともに成長する電子書籍

EVERNOTEハンドブックの素晴らしいところは「Evernoteとともに成長する電子書籍」であること。今後、Evernoteの進化にともない、このハンドブックも無償で最新の情報にアップデートされます。Everenoteのように今後も進化し続けるであろうツールの解説書が、無償アップデートされていく点はとても有り難いですね。

購入について

購入はWebサイトからダウンロード。価格は980円。

読む方法

PDFなのでPCでもiPhoneでもPDFビューアにて読めます。EvernoteをPC/iPhoneへインストールして同期して読むこともできます。

現状、PDFが見開き状態で少々読みづらいのですが

IMG_0363.PNG

こちらの情報では、次のアップデート(3月中旬を予定)では単一表示に変わるとのことです。

030401.jpeg

Evernoteを使う人なら是非読んでおきたい、そして買った後も新しい情報を提供してくれるEvernoteユーザー必携の電子書籍だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google