iPhone, iPad, iPod, Apple TV, Macなどの情報を発信

オルセー美術館が誇る主要作品の紹介と解説『オルセー美術館展2010「ポスト印象派」』

IMG_0935.PNG

モネ、ドガ、スーラ、セザンヌ、ロートレック、ゴッホ、ゴーギャン、ルソー等、パリのオルセー美術館が誇る傑作絵画115点が一挙来日、2010 年5月26日-8月16日に国立新美術館で開催されるオルセー美術館展2010「ポスト印象派」の出品作品と解説で展示会のみどころを紹介する公式アプリ『オルセー美術館展2010「ポスト印象派」』(無料)がNIKKEIよりリリースしています。

19世紀末のフランス。印象派の影響を受けた才能豊かな作家たちが独自の表現を追求し、個性的で多様な絵画が生まれました。いわゆる「ポスト印象派」の登場です。本展覧会ではこのポスト印象派の時代に着目し、印象派を起点にして、19世紀末から20世紀初めにかけての豊穣な絵画の諸相を10章に分けて紹介します。

各章をカバーフロー表示で選択。各章毎に音声による解説付き。

IMG_0936.PNG

作品はピンチ操作で拡大・縮小が可能。

IMG_0941.PNG

作品解説。

IMG_0940.PNG

作家一覧。紹介されている章が表示され、タップすればその章へ移動可能。

IMG_0942.PNG

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」は、サルコジ大統領が「これらの絵画がまとめてフランスを離れることは2度とない」とメッセージを寄せる空前絶後の展覧会。興味のある方は、このアプリで予習して足を運んでみてください。

IMG_0943.PNG

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」icon – App Store

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

前後の記事

facebook

facebook コメント

Add to Google